ブログ – place holder

部下のマネジメントについて考えが揺れる時

こんにちは。ビジネス&エグゼクティブコーチの松脇美千江です。

気泡

(c) .foto project

先日、こんなセッションがありました。

セッションの内容は守秘義務がありますので
エッセンスのみをお伝えすると、

「部下がモチベーション低く成果が出ていない」
「本人はもう辞めたいと思っているのではないか」

そういう部下の状況に対して、上司であるその方は自分自身に対しても自信のなさを抱えていました。

「この部署に来てまだ日の浅い私が判断するのは早計ではないか」

部下の方のマネジメントについて、全体的に考えが揺れ、迷いの中におられたのですが、

時間をかけて、なぜ考えが揺れ、なぜ迷っているのか自分の弱みもさらけ出しながら話していただきました。

そして、私から

「〇〇さんは今、怖れを基に判断しようとされている気がします」

とフィードバックすると、ハッとなられ、しばらく沈黙した後、

「そうですね。確かに怖れがありました」と一言。

その後は、あるべき姿、チームの目指す方向など、ミッション、ビジョンについて話されて、だんだんと迷いが吹っ切れた心境になられました。

仕事をしていると、誰にでも迷いや考えがまとまらない時がありますね。

そんな時、自分を客観的に見る一つの方法として、

●私は今、怖れを基に考えているだろうか?
ミッション・ビジョンを基に考えているだろうか?

という問いをご自身に投げかけてみてはいかがでしょうか。

すぐには答えは出てこないかもしれませんが、問い続けると、答えが必ず出てきます。

●怖れからではなく、ミッション・ビジョンを基に決断する

ミッション・ビジョンを元に決断するには、勇気が必要な時もあるかもしれません。

怖れを元に選択した方が楽な時もあるかもしれません。

しかし、良い方向性を創り出すのは、

●ミッション・ビジョンを元に決断すること。

こちらが原則です。

= 今日の質問 =

あなたは今、怖れを基に考えていますか?

ミッション・ビジョンを基に考えていますか?

■7つの習慣(R)実践会
by 松脇美千江 (7つの習慣(R)アカデミー協会 マスターファシリテーター)

次回はミッションや大切にしたい価値観は何かについて考える第2の習慣です。

分厚い本ですが、少しずつ読んでいくので初めての方も気軽にご参加ください。

ワークをしながら自分ごとに落とし込んで学びを深め、実践につなげていきます。

日程: 2018年10月21日(日)9時~12時

テーマ:第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」 P115~P190

料金:5400円(税込み)

zoomで開催していますので、全国どこからでも参加できます。

zoomについて初めての方には会議室の入り方など詳細をご連絡いたします。

お申し込みはこちらから

ビジョンや価値観の浸透

こんにちは。ビジネスコーチの松脇美千江です。

大事な考え方や価値観が部下に浸透していないと感じることはありませんか。

例えば、

・こういう考え方でお客様に対応して欲しい

・お客様との関係が長期的に継続する関係を作れているのか考えて欲しい etc.

と、日頃から話しているのに、

「どうして伝わらないんだろう?」

「何度、言えばいいんだ!」

とイライラすることも少なくないかもしれません。

●経営者やチームを率いるリーダーは何度もビジョンや価値観について繰り返し言う必要がある

これも真実です。

しかし、もう一つお勧めなのは、

●部下に問いかけ、考えさせること 

です。できれば、チーム全体で。

例えば、

「売り上げ以外で私たちのチームが目指すものは何だろう?」

「チームで大切にする価値観は何だろう?」

と問いかけていきます。

すると、

・他責にせず自責で考える当事者意識をもつ

・顧客、チームメンバーとの信頼関係を大切にする

・失敗を恐れず新しいことに挑戦する     

など、それぞれのチームで大事にしたい価値観がいくつかあがってくると思います。

時間をとって、部下自らが考える価値観などについて話し合うことができると、

そこで初めてビジョンや価値観が「自分ごと」になっていきます。

「自分ごと」になると、主体的に意識するようになるので、リーダーが繰り返し言う回数も減ってきます。

ビジョンや価値観を浸透させるには時間がかかりますが、

・チームで話し合う

・話し合ったビジョンや価値観がどれくらい意識できているかチームで折りにふれ確認し合う

という「機会」を作っていくのもリーダーの大切な仕事ではないでしょうか。

■7つの習慣(R)実践会
by 松脇美千江 (7つの習慣(R)アカデミー協会 マスターファシリテーター)

次回は第2の習慣です。

分厚い本ですが、少しずつ読んでいくので初めての方も気軽にご参加ください。

ワークをしながら自分ごとに落とし込んで学びを深め、実践につなげていきます。

日程:2018年10月21日(日) 9時~12時

テーマ:第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」 P115~P190

料金:5400円(税込み)

zoomで開催していますので、全国どこからでも参加できます。

zoomについて初めての方には会議室の入り方など詳細をご連絡いたします。

お申し込みはこちらから

相手や周りの気持ちや言動が気になるとき

こんにちは。ビジネスコーチの松脇美千江です。

昨日、初めてテレビで秋吉敏子さんのことを知ったのですが、彼女は88歳にしてなおジャズピアニストとしてステージに立っていることに驚きました。

そして、おっしゃった言葉が私の心に響きました。

●「自分がコントロールできないものは気にしない」

黄色人種である彼女が米国でジャズミュージシャンとして生きていくことは大変なことだったそうです。

周りからいろんなことを言われたそうですが、そういうときに、

「自分がコントロールできないものは気にしない」ようにして、目の前のことに打ち込まれてきたそうです。

これは、『7つの習慣』の「関心の輪・影響の輪」そのものだと感じながらお話を聞きました。

「関心の輪」の中には、私たちが直接影響を及ぼせるものとそうではないものが入ります。

そして、「関心の輪」の中に、直接影響を及ぼせる事柄が入る「影響の輪」があります。

私たちは、いろんなことに関心を持ちながら仕事や生活をしていますが、

関心を寄せていることばかりにエネルギーを注いでしまい、直接影響を及ぼせることに手がついていないということが少なくありません。

例えば、

・お客様は何を思ってあの一言をおっしゃったのだろう?

・上司はどうしてこの仕事から私を外したのだろう?さっきはああ言っていたけど本音はどうなんだろう?

・忙しそうな相手に、いつ、確認するのがベストだろうか? など

このような状態が続くと、

相手や周りの人の意見や気持ちが気になって、本来の仕事に打ち込めない時があります。

そういう時にこそ、

●自分がコントロールできないものは気にせず、コントロールできることに集中する

ことが大事なのですが、これは頭ではわかっても、実践するのが難しい時がありますね。

しかし、そんな時でも、影響の輪に集中する姿を見事に見せてくれたのが、全米オープンテニスで初制覇した大坂なおみさん。

セリーナ・ウィリアムズが審判に何かを言ってる時、彼女は後ろを向いて、素振りをして、試合に集中するよう心を整えていました。

これはなかなかできることではないのではないでしょうか。

観客のほとんどが対戦相手を応援している中で、自分のやることに集中する姿勢を崩さず試合に臨んだ彼女の精神力に、私は本当に感動しました。

この試合で例えると、

セリーヌが審判に発言をしている時、「何が起きてるんだろう?一体この試合はどうなるんだろう?観客はみんな、私が負けるといいと思っているんだわ」という関心ごとにフォーカスしていたら、

つまり影響の輪にフォーカスしていなかったら、

全米オープンテニス初制覇という偉業は果たせなかったのではないでしょうか。

しんどい時こそ、相手や周りの気持ちや言動が気になるときこそ、

●自分がコントロールできないものは気にせず、コントロールできることに集中する

ことが大事である。

このことを、大坂なおみさんが模範となって示してくれたように感じました。

■7つの習慣(R)実践会
by 松脇美千江 (7つの習慣(R)アカデミー協会 マスターファシリテーター)

「関心の輪・影響の輪」についても学ぶ7つの習慣(R)実践会。

次回は第2の習慣です。

分厚い本ですが、少しずつ読んでいくので初めての方も気軽にご参加ください。

ワークをしながら自分ごとに落とし込んで学びを深め、実践につなげていきます。

日程:2018年10月21日(日) 9時~12時

テーマ: 第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」 P115~P190

料金:5400円(税込み)

zoomで開催していますので、全国どこからでも参加できます。

zoomについて初めての方には会議室の入り方など詳細をご連絡いたします。

お申し込みはこちらから